MRの仕事|薬剤師求人協会高給公式

MENU

MRの仕事|薬剤師求人協会高給公式

薬剤師が転職を考える場合、まずは製薬会社の医療関係者向けのサイトを活用するのが手っ取り早いでしょう。
登録すると製薬会社から電話がきて、情報提供してもらえます。
それから、製薬会社の講演会や研究会に参加すると、他に勤務している薬剤師さんと情報交換できる場につながります。
こうして、転職へ向けての情報収集を行っていきます。
また、転職する際のエージェントの見つけ方ですが、転職を成功させる方法の一つとして、より多くの情報を持ったエージェントを見つけることが重要となります。
大手よりも中小方が親身になってくれることが多いので、大手が必ずしも良いというわけではありません。
様々なエージェントと実際にやりとりをし、その中で見極めていくのが良いでしょう。

 

薬剤師から薬剤師への転職も然りですが、薬剤師からMR(製薬会社の医薬品情報担当者)への転職も、一つの道として考えられます。
今の薬学部事情として、薬学部卒のMRが年々増えています。
その理由の一つとして、年収の違いや待遇です。
薬剤師よりもMRの方が給料が良く、土日も休みということから、薬学部卒でも薬剤師よりもMRの道に進む人が増えてきています。
薬学部の同期が、MRに就職。
なんだか自分より給与が良くて、土日休みで充実してるみたい…。
そんなことを感じたり、一度は薬剤師として就職したとしても、給与の面や、やりがい、営業活動への興味などでMRへの転職を希望する場合もあるかと思います。
職場にもMRがよく顔を出すことで、話をしているうちにMRへ転職後のイメージもつきやすいことでしょう。

 

薬剤師は難関国家資格なだけに、転職するからにはぜひ収入アップと待遇アップを狙いたいところです。
焦らず情報収集をしていくのが、一番の成功への近道ではないでしょうか。

関連ページ

病院への転職|薬剤師求人協会高給公式
薬剤師の転職先、病院の薬剤師の仕事についてのまとめです。
薬局への転職|薬剤師求人協会高給公式
薬剤師の薬局への転職、薬局の仕事についてのまとめです。
調剤薬局への転職|薬剤師求人協会高給公式
薬剤師の転職先として人気の調剤薬局の仕事と転職についてのまとめです。
ドラッグストアへの転職|薬剤師求人協会高給公式
統合、再編の進むドラッグストアへの転職についてまとめました。
製薬メーカーへの転職|薬剤師求人協会高給公式
薬剤師に人気のある製薬メーカーへの転職についてまとめました。
専門薬剤師の仕事|薬剤師求人協会高給公式
薬剤師の転職先としての専門薬剤師の仕事をまとめました。
漢方薬局の仕事|薬剤師求人協会高給公式
薬剤師の転職で漢方薬局の仕事についてまとめました。